スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Real me

痛みを知らなきゃ優しくなんていられない


P以外にもと言いますか、岡野昭仁以外にも好きだなって思う人がいるんです。
その人は顔がタイプドンピシャなため、その人を好きというよりも、その顔を好きなんだと思います。

その人を仮にSとして、Sを好きな人のSを想う気持ちを知りました。
すごく共感しました。
Sに対しての想いだけれど、これは誰に対してでも当てはまるのではないかと。

簡単には言えない様な言葉が書き綴られていました。
けれど、そこには嘘がなかった。

ただ、笑っていて欲しい
ただ、目の前にいて欲しい

こんなこと、誰にでも抱けるような感情じゃない。
この言葉はとても重いけれど、本当の気持ちはこんなもんではなくて。

言葉と言うものの中に、感情を押さえ込んでいるように、窮屈で。
実際に見せることが出来たら楽なんだけど、もちろんそれは出来ないから…
言葉にして表現しようとするけれど。

私にはその言葉よりも、はるかに大きな想いを感じられて。
もどかしくって切なくって。

届かないってこと、あの子も私も知ってる。
だけど、それでも想い続けてしまうし、止められないことも知っている。

いつまでこんなのが続くのだろうかってふと思う。
周りはどんどん一歩前に進んでいるのに、そしてあの人も変わったというのに。

想いだけは消えない。
自分がどれだけ離れようとしても、心が離れない。



きっと、いつまでも…心だけは。
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。